日々の選択、日々の愚痴 あ~なんで?

過去、現在、未来の3つの時代の私の選択を考察していきます。

先週の選択 模擬面接を受けた

職務経歴書には簡潔に多岐にわたる業務を書いていても、いざ前職について質問されると言葉に詰まってしまうという経験をしました。

人工知能が人間の職務を奪いつつある現代、何で価値提供に貢献できるかを考えることを習慣化したほうがいいと実感します。

高校生に贈る数学

高校生に贈る数学 岩波書店

という本を読んでいます。

トポロジー位相幾何学の入り口を解説するなど、内容は大学レベル。

数学は、綺麗な式が多いですね。

パソコン検定二級の模擬試験が難しい

パソコン検定準二級の模擬試験を5年分解き終わったので、二級の模擬試験に挑戦しました。段違いに難しいです。

30分の間にデータをエクセルでグラフ化したものをワードに取り込みペラ一枚の報告書を作るというとても実践的な問題が出ます。

川崎市百五十万人都市記念ビッグフラッグ作成

川崎市にゆかりのある方の写真を集めて、15メートルサイズの旗を作るという企画があります。

三千人分の顔写真を集めるとのこと。

写真があふれてしまって必ずしも使われるわけではないけれども、この川崎市の企画には協力してみます。

出身地域によって上京後の住む場所が違う

西日本出身者は東京の西側に、東日本出身者は東京の東側に住むことが多い。

ぼんやりとした不安がある

芥川龍之介の自殺の理由は

ぼんやりとした不安

でしたね。

森博嗣は、 やりがいのある仕事 という幻想 という著書の中で

将来に不安がない人は馬鹿だ

と書いています。人生をよりよく生きたい人に不安があるのは当然です。

現代の若者は活字離れしていない

ライトノベルのように、活字の新しいあり方を求めているだけ。