日々の選択、日々の愚痴 あ~なんで?

過去、現在、未来の3つの時代の私の選択を考察していきます。

布団を粗大ごみとして出した

破れた布団を、コンビニで五百円払って、受け付けのシールを布団に貼って、粗大ごみとして出しました。

いらないものを捨てると気分転換になりますね。

ニコチン依存性

タバコに依存している私は、本当の私ではない。

私のアイデンティティは、タバコを吸うことにはない。

自分を取り戻せ。

日記は認知行動療法に基づいて書こう

日記というと、夜に1日を振り返って書くもの、というイメージが強いですが、朝に今日1日の目標を立てるために書いてもいいのです。1日の目標を立てると気合いが入ります。

認知行動療法とは、カウンセリングでしばしば使われる技法です。感情を落ち着いた平安なものにしたい時に、感情を直接変えるのは難しいので、まずは考え方や行動を変えるように働きかけるというもの。認知行動療法に、自動再生式悲観思考を紙に書いて、その感じ方はゼロから100までの間の何パーセントかを書き、落ち着いて多角的な観点から自分の思考や感情は妥当かどうかを考え、最後にまとわりつく思考や感情の信憑性は何パーセントか再評価してみる、というものがあります。たいてい、マイナスの感情は後になると薄れます。

認知行動療法を実施するのは、まさにニーバーの祈りの実践です。


神さま、どうか私にお与えください

変えられないものを受け入れる心の平安を

変えられるものを変える勇気を

そして、その違いを見極める知恵を

アクセス解析

メモ。

googleアナリティクスのトラッキングコードを本ブログに埋め込みました。

google search consoleと連携させて、グーグル検索で私のブログにたどり着いた時の検索キーワードがわかるようにしました。

悔しいという感情

学研の現代新国語辞典を、悔しいで引くと
1:自分のしたこと、しなかったことが腹立たしくなる。残念だ。
2:自分が劣っていること、相手に負けたことなどに対して 不快である。しゃくに障る。残念だ。
とあります。
私は、1の意味での悔しさはしばしば感じますが、2の意味での悔しさを感じたことは、あまりありません。私は、マイペースなのです。

宗教家の勧誘

わが家に顕正会の布教活動をしている人が来ました。興味ない受け答えをしたら帰ってくれました。

宗教とセールスパーソンは、家に上がられたら終わり。兎に角玄関のドアを開けないのが鉄則です。

フランス人のボナール

ボナールは、恋愛論や友情論を書いている人です。
友情論は、恋愛と関連させて友情を論じていますので、ひと粒で二度美味しい本です。